出会い系アプリで元女優にメッセージを送ってみた

 

見た目からして男性ホルモンな34歳の会社員です。
体毛は濃いですが頭は薄いので、いつも10は歳を上に見られてショックです。
そしてモテないとくりゃあ、出会い系サイトに頼るしかないんです。
ココでも当然、思うような結果が望めず退会しちゃおうかなと思い始めてた時、最後っ屁のつもりで、元舞台女優のアラフォー女性にメッセージを送ってみたところ、これが上手い具合にことが運んじゃうんだから分からないですよね。
さすが女優さんってだけあって、中々端正な顔立ちをしていて感性も独特なのかな。
私の男性ホルモンに満ちあふれた容姿に興味を持ってくれたようなのです。
「暑苦しくないかな」には「ううん、全然、そのくらいじゃないと男を感じないもん」「もっとアピールした方が絶対モテる」なんて心強いお言葉で盛り上げてくれるのです。

30代で元女優さんの魅力に虜

 

某日、約束の場に現れた彼女。
サラッとしたシンプルな服装なのに、周囲の女性とはやっぱり一線を画す存在感があります。
ビジュアルもそうなんですが、佇まいと言うのか雰囲気と言うのか、私もワケもわからず彼女を見つめてしまい「どうしました」「なんかおかしいですか」って言わせてしまうくらい。
また表情や表現も豊かで、私のたわいもない話にも驚いたり感心してくれたり、こんな美人がだから気分も乗っちゃうよね。
多分おしゃべり野郎になったのが若干ウザかったのか、そっと私の手を握ってきて見つめて来るのね。
瞳は恋する少女のようにまっすぐで純真、吸い込まそうで理性もグラグラ。
極めつけは顔を近付けてきての「シテ」公園のベンチで白昼堂々ディープキスです。

彼女の部屋のベッドの上でエッチ

 

女優らしい激しく濃厚な舌使い、感情が注ぎ込まれるかのごとく。
私はベンチに押し倒されるのを必死に堪えて唇を受けるのです。
そして魔法にかかったかのように、手を引かれて彼女のマンションへ。
そこからの記憶が断片的、確かフェラされてクンニを要求されて、香ばしいマンコをご馳走になったはず。
だけど鮮明なのは、ベッドの上で騎乗位から激しく腰を振る彼女を見上げている画。
髪を振り乱して、手を握り合って、小ぶりな美乳をプルンとさせて。
「アッアッアッ、アア~ン」そう言うと彼女は体全体でエクスタシーを堪能、本気の感じ方でしたね。
よほど私のアソコを気に入ってくれたのか「スゴイ強い、逞しい」と言いながらお掃除フェラ、ふやけるまでチュッパチュッパです。

ヤリマン元女優のセックス歴

 

しばしピロータイムとなり、彼女のエロスに迫ってみました。
すると彼女からは男性経験イコール芸の肥やしと言う、大物俳優が言いそうな考え方を見せるのです。
「へぇ~」と相槌をっていると、語り始める彼女の男性遍歴。
主だったものでは、共演して恋人役だった男優さんとは必ずエッチしてたご様子。
そして監督さんからは、演技指導の一環として体を預けることもあったんだって。
個人的にはADさんや照明さんなどのアシスタントの男性と関係した話かな。
少しでも興味が湧くと、さりげなく誘惑して倉庫の奥でフェラしてあげたりエッチしたり。
そこでとある私みたいな男性ホルモンモリモリな照明さんに強引なまでに押し倒されて犯されたんだって。
トラウマになるどころか性に対して覚醒した瞬間だったとのこと。

色んな場面を演出してセックス

 

改めて関係が出来上がってくるとエッチの時に女優さんの顔を覗かせてきます。
それがいろんなシチュエーションによってエッチするってこと、一般的に言えばイメージプレイですね。
ただ女優さんは、ストーリーや演出を施して作り込みたがりで、デート中など事前に打ち合わせをしておくんです。
そしてそのまま彼女の部屋やラブホテルに行きプレイ。
初めてのプレイってのが、レイプするってもの。
部屋に入ってガチャっと入口のカギを締めると、彼女は警戒と怯えの表情で「どうしたんですか」。
私は「何でもないんだよ」彼女「えっでもぉ」私「大丈夫」と言いながら彼女を床に押し倒して激しく詰め寄ります。
出来るだけ激しくと言う要望から服を胸元からビリビリ「キャーッ」必死の表情で抵抗する迫真の演技。
私としては罪悪感すら覚えてしまうほどでした。

エロい女の願望はレイプされながらセックス

 

罪悪感の中でほのかに芽生えたのが、男性がわずかばかりに持つであろうレイプ願望。
迫真の演技に沸々と眠ってた感情が目覚め彼女の向かいます。
唇を奪い去りパンティを荒々しく剥ぎ取る。
そしてフェラはイラマチオで根元までガッツリ、嗚咽を上げながらえずく彼女の女優魂。
そして挿入と同時に「えっえっえっダメェェェッ」と激しく拒否。
もちろん腕を抑え込みパンッと頬を張ると生気を失い諦めの表情。
ジンワリ挿入すると、彼女は口を真一文字に結び、心だけは抗おうとしてる。
でもホントのところは感じすぎちゃってたようで、声を押し殺すのに必死だったんだとか。
彼女の頬を一筋の雫が伝う時、荒れ狂う遺伝子たちが膣内に放出されたことを伝えるのです。
いや~徹底してたプレイに、アドレナリンが出過ぎて、しばらく放心状態だったね。
彼女恋多き女性なので、中々繋ぎ止めておけなかったけど最高にエロかったし魅力的だった。

埼玉県さいたま市 34歳 男性 会社員

 

人気のページ:セックスしたいエロい女子大生はヤリモク!?やりたいだけなら掲示板を使えば簡単!